アトピー性皮膚炎のかゆみは本当につらい症状です

アトピー性皮膚炎は、かつては乳幼児から子供に多い病気でしたが、現代では子供の病気とは言えなくなっています。大人になってから発症する方が増えています。アレルギー知らずでいたのに、という方も大人になって発症される場合があります。

 

原因として考えられるのは、やはり「ストレス」であると考えます。ストレスによって自律神経のバランスが乱れ、体の中でアレルギーを起こしやすい状態になってしまうからです。

 

夜間は特に血流が良くなるのでかゆみが増します。「かいたらダメ」と言われても、わかっていても、どうしてもかいてしまうものです。そして、「あぁ、かいてしまった」と悔やむことになってしまう、、、。それがまたストレスになってはいけませんので、かゆい時はやさしくかいてもいい、と思ってみてください。少しですが、気分的にラクになりませんか?(ただし、かいた後は血流が良くなって、かゆみは多少増しますので、やさしくかくということを意識しておいてください。)

 

 

アトピー性皮膚炎を治すために貴女ができる日常生活で大事なこと

アトピー性皮膚炎を治すために貴女ができる日常生活で大事なことは、「運動して汗をかくこと」です。汗をかいたら余計にかゆくなりそう、と思うかもしれませんね。そもそも、かゆみという反応は「体に入った異物を外へ追い出す」という体のはたらきです。異物を外へ早く出させるために、わざわざ「かゆみ」を出しているのですから、皮膚からの「毒出し効果」がある「運動」を使わない手はないですね。

 

子供は外で思いっきり遊ばせる。「おうちでゲームっ子」ではいけません。親御さんもいっしょになって遊んであげると、子供はうれしい気持ちも重なって、アトピー性皮膚炎を治すために一層効果的です。大人はウォーキングや体操などをしっかり続けることをやってみましょう。どんな運動でもかまいません。興味のあるもので続けて楽しいと感じれることを見つけてみましょう。39℃ぐらいの温度での入浴でじっくり、じわーっと汗をかくこともいいですね。入浴後に飲む水分は甘い飲みものを摂ってはいけません。ミネラルウォーターやお茶にしておきましょう。

 

 

体をうごかすことで、体温があがって全身の血流が良くなります。運動で汗をかくことでも自律神経のバランス調整がととのって、アレルギーを起こしやすい状態から脱却できることも可能であると考えます。毎日たのしく適度な運動でしっかり汗を感じて、入浴で汗をきれいに落とし皮膚を清潔にする。強いボディーソープなども必要ありません。昔ながらの固形石鹸で十分です。なるべく皮膚に負担をかけないようにやさしく洗い流す感覚で十分です。

 

貴女の体からのサインを見逃さず、体が喜ぶことを意識して少しずつやってみませんか?
まずやってみる。合わないと感じたら、それは「体の声」ですから、また別の方法を試してみる。それでいいのです。