慢性疲労症候群の症状は、人によって違います。しかし、慢性疲労症候群の症状には共通点もあり、国や各団体が基準を定めています。ここでは、慢性疲労症候群の症状をあげていきます。もしあなた自身が「もしかしたら慢性疲労症候群かも」と思う傾向があるようでしたら、以下の基準と照らし合わせてみてください。

①【疲労感】
原因不明の強い疲労感があります。慢性疲労症候群の疲労感は、日常生活を送ることも難しいほどの強さです。ひどい症状の方では、身体を動かせないほどの疲労を感じます。この疲労感が6ヵ月以上にわたってみられます。

②【睡眠障害】
慢性疲労症候群では「不眠」や「過眠」といった睡眠障害がしばしば見受けられます。不眠とは、寝つきが悪かったり入眠してもすぐに目が覚めてしまったりすることです。また、睡眠時間を十分にとったつもりでも、眠りが浅く寝た気がしないように感じます。
一方で、過眠とは、ことばのとおり過剰に睡眠をとってしまうことです。日中に耐えられないほどの眠気を感じたり、朝どうしても起きられない場合は、過眠の可能性があります。慢性疲労症候群では、不眠症状か過眠症状、もしくはどちらの症状も同時に出てくることがあります。

③【風邪に似たような症状】
慢性疲労症候群では、常に平熱よりも1度ほど体温が高くなったり、のどの痛みや頭痛、鼻水が出たりなど、いわゆる風邪のような症状が出ることもあります。風邪の時のだるい感じが半年以上続くのが特徴です。

④【気分障害】
心と身体は互いに影響し合うので、身体の調子が悪いと心も不調になってしまいます。慢性疲労症候群では、気分の落ち込みや憂うつな気分が続いてしまうこともあります。急に不安感におそわれる場合もあります。また、頭が働きにくく、注意力や集中力が低下してしまうこともあります。

このように周囲の人には「慢性疲労症候群の症状のつらさ」がわかってもらいにくいものばかりです。
これらの症状にも原因は必ずあります。次は原因についてお伝えします。